読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

windowsの環境も必要

プライベートではmacを使っているのですが、スキルはwindowsの方が圧倒的に高いんですよね。ただ、使い勝手がいいのはmacなので、すべてをmacに移行したい。既存スキルでまわしながら移行するのが無難なので、macwindows環境を作るのが現時点での妥協ポイントと思われる。

やろうとしてることはmacVBAの開発です。なのでOSとオフィスを揃えればok!ってことで、いくらで済むか試算してみます。オフィスが高いから、しばらくは家にあるwindowsの端末を使うことになりそうですけどね…

公式ドキュメントは頼りになるか???

core data を調べていたけど古いものしか見当たらず、これから作ろうと思っても当てはめることができなくなっています。調べても出てこない状況から以下のことが考えられる。

  • 今のiOSのローカルDBの主流はcore dataではない
  • 古い文献でも、ある程度の実績があればプログラムを組めてしまう
  • ローカルDBを使わない方法で実装(DBへ保存しなくても永続化できるらしい)
  • 調べ方が悪い

他の言語とか自分だったらどうするかということを踏まえると、現在はcore dataが主流ではないのが可能性として高い。でも、日本ではiPhoneのシェアが高いので、必然的にアプリの数も増えてきます。アプリの数が増えれば種類も多くなり、ローカルDBを使うアプリも一定数あるはずです。それでもローカルDBを使用しているであろう記事が見当たらないのです。

調べ方が悪いんでしょうか...

こーなったらapple公式のドキュメントを引っ張り出すしかないなと思って調べてみると、あるじゃないですか!appleのサイトにcore dataに関するドキュメントが。現時点ではざっとしかみていないけど、サンプルコードと合わせて見てみればなんとかなりそうな気がする。調べてもダメ、公式サイトを見てもダメだったら、iOSの開発をやめた方がいいんじゃないかと思ってしまいます。まずはDB接続を行うだけのダミーアプリを作り、その後に本来のアプリ開発へ移ります。

iOSアプリの開発依頼を受けられるように、今作っているアプリのバージョンアップを行っていこうと思います!

線のように見えるもの、それは点です

さて、稼がなくては!と思い、クラウドワークスに登録して仕事をみていたのだけど、自分がやりたいものとスキルがマッチしていないことに気付いた。気付いたというか、今まで見ぬふりをしてきたことを直視したという言い方が近い気がします。

普段はVBAもしくはVBをよく見ているのですが、自分はiOSJAVArubyを使った開発をしたいのです。仕事を見てみると、自分のスキルではできそうにない案件ばかり。やりたいと思っているだけで、やってきたわけではないんですよね。一番スキルが積まれているのはVBAなので、VBAをやるのが一番手っ取り早いのです。でも、敷居の低さから競争率が高いのと、OSがWindowsなのであまりやりたくないという思いがあります。

自分がやりたいことと実際にできることのアンマッチをなんとかしなくてはいけないのです。どーすればいいか。今の段階ではとにかく自分が作ろうと思ったものを片っ端から作り、スキルを身につける。やってくうちに自分の立ち位置がどのくらいかわかるようになるだろうし、他とのつながりができるきっかけになるかもしれない。

わかってはいたんですけど、見ないふりをしていて結局一周してきました。横着してはいけませんね。そのときに自分がやれることをやるしかないと改めて思いました。

刹那の瞬間の連続であり、後から見たら点がつながって線に見える。そんな感じでしょうか。その時々で全力を尽くします!

最小限のセットはフルセット?

レザークラフトの道具の調達へ向けて、最小限のセットでいくらになるか試算を開始しました。そこで、作ろうと思っているものを再確認。

  • コインケース
  • 小物入れ
  • マウスパッド

手軽に作れて普段から使うものです。とりあえず片っ端から作っていこうと思っていて、必要なものを並べていきます。

  • 木槌
  • ゴム板
  • 菱目打ち
  • カッター
  • カッターマット
  • ホックうち
  • 縫い針、糸
  • プレススリッカー
  • マルチステッチンググルーバー

すべて揃えようと思っていたときと内容はあまり変わっていません。なので、自分がやろうと思ったら一通り揃えることは間違いないです。でも金額が一万円を超えているので、家庭内決済は下りることはないでしょう。

では、どうするか。稼ぐしかないですね。レザークラフトを開始するために必要な費用を稼ぐ。これが一番よさそうですね。 ということで、直近の目的はレザークラフトをやるために稼ぐ!に決まりました。 頑張ります!

レザークラフトの道具を揃えるために

レザークラフトの道具を揃えるといくらになるか調べてました。材料の革と道具を一通り揃えようと積み上げた結果、15千円くらいかかることがわかりました。興味があるからやってみたいレベルの自分には少し高くつきます。

パーツの買い足しはできるので、作りたいものを決めて道具を揃える方向にしようと思います。そーしないと一回の出費が大きくなり、家の中でクレームが来そうな予感がしています。

ということで、コインケースと小物入れを作る方向で道具の購入を検討してみます。試算してから説得のプラン立てです。がんばります!

不慣れな人には厳しいかも

妻の友人宅へ訪問し、パソコンをみてきました。「パソコンが壊れた」という騒ぎが起きてて自分のところへ話がきたようです。ハード的に壊れてたらどーしよーもないと思いつつ、それ以上の情報も仕入れられなかったので向かってみました。

行ってみたらあっさりと解決してしまいました。エクセルのプログラムの関連付けが違うプログラムになってただけでした。不慣れな人には何が起きてるかわからないでしょうが、パソコン業務をやってる自分にはなんの問題でもありませんでした。

こんな繋がりからユーザーが欲しているものが見えてくるのかな、と思ったりします。身近な人の役に立つのも悪くないし、時間が許す限りやろうと思います。

ペーパーレス!

パッケージソフトのはずなのにドキュメントが揃ってない。自分としてはドキュメントにこだわるつもりはないんだけど、提出する必要があるのに用意できてないってことが意味不明なのです。 そーは言っても準備は進めないといけないので作業を進めることに。で、原本はあったのでまとめて提出できるように整えたんですけど、目次と内容に差異がある…はぁ… ダメなことはどこを見てもダメですね。若干の誤差ってことで、スルーしておきました。

他にも初期設定として用意されてるけどそのまでは動かすこともできなかったり、標準的な設定がされていなかったり。なんの作業をしてるのかわからない。管理資料のはずなのに管理できないんですよ。どーしたらいいのでしょうか。

  1. ドキュメント管理しない
  2. テキストベースの管理に切り替える
  3. ドキュメント更新のルールを決める(チェック者をつける?)

ざっとこんな感じでしょーか。管理ができてないことを踏まえると、ルールを決めたところで意味をなさないので却下。テキストベースに切り替えるためにはツールを選定しなくてはいけない。この段階で頓挫するのが目に見えているので却下。 ということで、消去法でドキュメント管理しないのが最有力となりました。活用できるドキュメントも中にはあるので、印刷しても見ないであろう形式的に印刷してるものを除外することにします。

作り手、使い手とも有意義なものでないと意味がありませんから!すっきりしたとこで次のお客さんで実践することにします。まずは不要と思われるドキュメントは印刷しない!これでいきます!