読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取引履歴の作成方法に関して

送信したのが自分である(改竄されていない)か、送信された情報が正しいか、を検証しなくてはいけない。

送信した情報が自分であるか、ということの検証は電子署名ででき、ビットコインで新しくできたものではない。

送信された情報が正しいか、この部分がビットコインの取引を成立させるために非常に重要になる。 ブロックチェーンという取引履歴をそれぞれの端末が持ち、その履歴が正しいことを多数決で決めることで正しい取引であることを検証する。 そのためのプロセスとして「トランザクションをブロードキャストする」ということを行う。「取引をするからこれを記録してね」という依頼を出す行為だ。これを元に今までの履歴と照合して問題なければ取引成立となる。

今読んだところではここまでの理解です。正確ではないかもしれないです。明らかに違っているのであれば、指摘してくれる人がいると助かります。